第440回理事会概要

第440回理事会
2019年5月9日(木)18:30~:20:16
92番会議室
評議員会議事審議
1. 報告事項
(1)2018年度活動総括
(2)2018年度委員会事業報告
  ⇒ 事前配布の報告書通り了承され理事会から提出
2.審議事項
(1)2018年度決算報告
質問:特別会計において予算を超過しているが理由は
⇒ 当初組まれた予算収入より支部補助費等支出の方が多かったため、次期繰越額が前期よりも減っている。収入増だが支出は更に増加した。(財務委員長)
⇒ この表自体が見づらい。収入予算を立て、これに対する支出予算を立てる形にすれば良い。この辺りを財務委員長が評議員に対しよく分かるように説明する必要がある。今後、会計細則とかを見直すことは必要(監事)
⇒ 評議員からの質問に対しては、会計項目関連は財務委員長から支部運営関連は支部担当副会長から答弁する(理事会承認)
(2)2018年度監査報告
⇒ 剰余金処分案と監査報告書は配布資料通り上程する(理事会承認)
(3)2019年度活動方針及び事業計画案
⇒ 配布された資料通り上程する(理事会承認)
(4)2019年度予算案
意見:今年度一般会計予算案が前年に比べて減る理由・根拠を評議員に説明すべき
⇒ 減額根拠は、昨年度における既卒者の校友会新規入会数が減ったことが要因。質問が出されればこの点を説明する(理事会承認)
(5)評議員変更の追認
⇒ 本件は、評議員会における審議事項の後半に設定されているが当該評議員が今年度の評議員会に参加し、意見を述べ、議決権を有するようにするため、今評議員会の冒頭の審議事項とする。(理事会承認)
(6)役員選考委員の承認
⇒ 役員選考委員の定数は18名であるが推薦母体から定数を満足する推薦が無かったため13名で評議員会に上程する(理事会承認)
委員会報告
★総務委員会:島本委員長より
・理事会承認事項通り、明日、評議員に郵送発送する(作業:13時から)
・当日のスケジュール表(懇親会含む)が配布(説明)された
★支部委員会:平田委員長より
・ブロック会への本部派遣について、正・副委員長で決定した。
 6月1日(土)九州・沖縄ブロック会  森田副会長を本部派遣。
 6月8日(土)近畿ブロック会     竹越会長を本部派遣。
 6月9日(日)東海ブロック会     竹越会長を本部派遣。
・下記休眠支部の再立ち上げについて。
 ①北海道ブロック近藤ブロック長)・道南支部  
 ②近畿ブロック(村山ブロック長)・大阪支部
・全国ブロック長会を5月26日開催する
★企画委員会:林委員長より
・11月16日開催のホームカミング企画を継続して進行中
★情報委員会:森野副委員長より(補足)
・『DoforOthers』第24号の校正を作業進行中
お知らせページは『ヘボンクラブ』。支部紹介は『東京城北支部』『東京世田谷支部』
『横浜支部』。
★財務委員会:安田委員長より
・一般会計 累計支出  1,845,096円 
・特別会計 累計支出        324円
◎委員会報告への質問・意見
・確認のみ、特記事項無し
◎事務局報告
★石川事務局長より
・大学施設借用基準(追加事項)説明、各団体よりの申請内容の報告
◎質問
・休日の駐車場利用不可とあるが荷物がある場合も不可か。
⇒ 特別申請することが考えられますが、現状、総務課からは、休日利用は不可との説明を受けております。
◎大学同窓会報告
★徳沢理事より 
・在学生と同窓生交流会は、今年ホームカミングがあり開催しない
就職支援イベントは継続して行きたい。横浜国際学会(国際学部卒業生組織)とタイアップして、戸塚での開催を企画し打診する方向で動いている。(大学同窓会)
◎会長への要請事項
・新卒者名簿入手について会長から評議員会で何らかの発言をお願いできないか
⇒ 会長:本件については、①名簿の供出について(何故出せないのか)②2006年以降校友会からの補助(据え置かれたままでいることの理由)に絞り、大学長からの文書回答を5月25日の評議員会までに求めたことに対し、期日までに回答するとの連絡があった。この文書提示を受けたのち、その文書に対する要望・要求を全国ブロック長や支部長と協議して、文書で提出して行くことを考えている。ここでの要請は、大学長からの回答書を受け取り精査するそれまで待って欲しい。(一同了承)
芝間議長:これを持って第440回同窓会理事会を閉会します。
本部活動報告, 理事会 |

Comments are closed.