第10回「現役学生・同窓生交流会」開催報告

12月2日、「第10回現役学生・同窓生交流会」が行われました。今年のテーマは、「思い出を語ろう!夢を語ろう! ~明学生VS元明学生~」です。今年も大変盛り上がりました。その会の様子を報告したいと思います。

【キャリア応援イベント】
 11時30分よりパレットゾーン1階にて行われました。昨年初めて行い、大変好評でありましたため、今年も行いました。同窓生約50名、現役学生約70名が一同に介し、同窓生の話を熱心に聞く現役学生や、現役学生へ思いを込めて語りかける同窓生の姿が印象的でした。昨年よりも時間を延ばしましたものの足りなかったようで、終了後も話しこむ姿が見られました。

熱心に同窓生の話を聞く現役学生

現役学生へ思いを込めて語りかける同窓生



【懇親会】
 会場をパレットゾーン2階 インナー広場 さん・サンへ移し、13時30分から懇親会を行いました。松原 学長、竹越 明治学院同窓会長の他、多数のご来賓ご出席のもと、現役学生約220名、同窓生約200名が参加しました。今回は、体育会執行部の協力を得て、演劇研究部の松本奈々さんとラクロス部女子 井上りさ子さんに司会をお願いしました。
 管弦楽団の演奏ののち、中野 大学同窓会会長・平田 体育会執行部委員長の開会挨拶、松原 学長による来賓挨拶、竹越 同窓会長の乾杯から会はスタートしました。

管弦楽団による演奏

司会の松本さん(左)・井上さん(右)

 乾杯ののち、しばらく歓談となりました。同窓生と来賓の語らい、卒業生同士の懐かしさをかみしめながらの会話、同窓生と現役学生が熱心な会話があちらこちらで見られ、本会のよさが強く感じられました。

歓談を楽しむ参加者

歓談を楽しむ参加者

 歓談の間に、今回特別にお料理をご提供いただいた同窓生の小暮シェフの紹介がありました。小暮シェフは、1983年経済学部卒で、国内外で就業を積み、現在は出張料理人として、全国を飛び回っておられます。

小暮シェフと一緒にパチリ


続いて、OBジャズバンドによる演奏、合気道部・少林寺拳法部による演武、競技ダンス部・応援団による演舞が行われました。特に最後の応援団では、明治学院校歌が披露され、大変盛り上がりました。

OBジャズバンドによる演奏

合気道部による演武

少林寺拳法部による演武

競技ダンス部による演舞

応援団による演舞

 会場内には、ボランティアセンターの紹介ブースと、大学同窓会によるバザー会場が設けられました。多くの献品が寄せられたバザーでは、たくさんの方にお買い上げいただきました。寄付も含め、約60,000円をボランティアセンターへ寄付いたしました。お買い上げいただいた皆さん、ありがとうございました。

ボランティアセンターによる活動報告

盛況なバザー

 これらの次第によりあっという間に時間が経ち、新井 大学同窓会副会長の閉会挨拶をもって、盛況のなか、お開きとなりました。

ご協力いただいた明治学院大学校友センター、明治学院同窓会、㈱明治学院サービス、明治学院大学ボランティアセンター、明治学院大学体育会執行部、ご協力いただいた体育会各部、明治学院大学応援団、そして参加していただいた現役学生・同窓生の皆さま、ありがとうございました。
また、キャリア応援イベントにご協力いただいた同窓生、明治学院大学ヘボン経済人会の皆さま、ありがとうございました。